はちびる日記

Visual Studio Codeに「M+ FONTS」を設定する

Visual Studio CodeでフォントをM+ FONTSに 変更しようとsettings.jsonに以下のような設定を追加したのですが、設定が反映されず。。。

"editor.fontFamily": "M+ 1mn"

と悩んでいたら、Qiitaで解決策を投稿されている方がいらっしゃいました。

フォント名をシングルクォートで囲めばよいと。なるほど〜。

"editor.fontFamily...

Read more…

VagrantでAzureに仮想マシン(Ubuntu)を作成する

VagrantでAzureに入門してみました。

1.環境

  • ワークマシン : Mac OSX 10.10
  • ruby : ruby 2.1.4
  • vagrant : 1.6.5
  • node.js : v0.10.31

ワークマシンには、ruby, vagrant, node.jsがインストール済みの前提です。Linux環境が欲しかったので、仮想マシンはUbuntuを選択しました。

2.Azure CLIインストール

手始めにAzure CLIをインストールします。Azure CLIはnpm...

Read more…

CentOSにGoogle Noto フォントをインストール

サーバサイド(CnetOS6.5)でPDFを生成するために日本語フォントが必要だったので、Notoフォント(Noto Sans Japanese)をインストールしてみました。

フォントファイルをダウンロード

フォントファイルをダウンロードして任意のディレクトリに解凍します。

$ mkdir noto
$ curl -O -L http://www.google.com/get/noto/pkgs/NotoSansCJKJP-hinted.zip
$ unzip NotoSansCJKJP...

Read more…

Rubocopでコーディングルールを変更する

Rubocopでコーディングルールをデフォルトのものから変更したい場合、プロジェクトディレクトリに.rubocop.ymlを作成してそこにルールを書くことで、デフォルトのルールを上書きすることができます。

.rubocop.ymlは手動で作成してもよいですが、既存のプロジェクトのコードを基にルール定義ファイルを自動生成することもできます。

ルール定義ファイルの自動生成

プロジェクトのルートディレクトリに移動しrubocop --auto-gen-configコマンドを実行すると、プロ...

Read more…

Chef Solo + knife-soloでData Bag Itemを暗号化する

Chef Server/Client構成の環境であればknifeコマンドを使用して、knife data bag create DATA_BAG_NAME DATA_BAG_ITEM --secret-file FILEで Data Bag Itemを暗号化することができますが、Chef Solo環境ではこれが使えません。

代替策としてChefのencrypted_data_bag_itemライブラリをロードしてencrypt_data_bag_itemメソッドを直接呼び出す方法がありま...

Read more…

© Yutaka Yawata 2014-2015. All right reserved.